植物は太陽の強い光が嫌いだった!

人気記事

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 07:32:40.40 ID:CAP

【プレスリリース】

植物は太陽の強い光が嫌い? ~陸上植物が緑である理由を解明~

– 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/44465

概 要

九州大学大学院農学研究院の久米篤教授、筑波大学生命環境系の奈佐原顕郎准教授、秋津朋子研究員らの研究グループは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立環境研究所(NIES)、高層気象台(JMA)と共同で、太陽からの光の色(直達日射)と空の色(散乱日射)に分けて、空全体の色を精密に観測する装置を開発し、長期測定を行いました。これらの観測データと、植物の光吸収特性との関係を解析した結果、

陸上植物の葉は、直達日射の最も強い波長域の吸収を避けるような性質を持ち、結果として植物の葉からの緑色光の反射が増えていることが明らかになりました。

本研究結果は 2016 年 3 月 4 日に「Journal of Plant Research」誌にオンライン発表されました。

(以下略)

引用元: ・【植物学】植物は太陽の強い光が嫌い? 陸上植物が緑である理由を解明

17: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 08:41:32.75 ID:zN0QjhtG.ne

スレ記事の言わんとしたことは、
植物の緑色は、太陽光を弱めて吸収するためということだ。

つまり、「光のスペクトラム」でも分かるように、「緑色の光」は可視光線の中央に位置してる。
また、青色と黄色の光を混ぜると「緑色」になる。

つまり、自らが緑色となって緑色を反射して吸収を避けるとすれば、
光の構成要素の内、緑色の光、青色の光+黄色の光 のすべてを反射して吸収を避けることができる。

アトに残されたのは、波長が長く刺激の少ない「赤色の光」だけということだよ。

20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 08:53:41.40 ID:QFvjAdIr.ne

>>17
>また、青色と黄色の光を混ぜると「緑色」になる。

それはすごいな。植物にとってもそうだとしたら大発見だ

ちゃんと読んどいたほうがいいぞ
九州大学 プレスリリース(じゃないかも)PDF
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/27114/160315%E7%A0%E7%A9%B6%E6%90%E6%9E%9C%5B%E8%BE%B2%E3%BB%E4%B9%E7%B1%B3%5DWeb%E7%A8.pdf

95: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/02(土) 17:41:57.50 ID:sLzNL10E.ne
>>55
赤外線や電波で放射線を中和して可視光線にする画期的技術の誕生である

10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 08:16:52.60 ID:a++uz2D+.ne
>>1
当たり前じゃね?
選択できなかった種は陸上から絶滅しただけだろ
動物の場合は「場所」や「色素」や「体毛」などを選択して直射日光から
身を守ってる

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 07:41:54.20 ID:uQSi8sJW.ne
なぜ熱帯地方の人々は「緑」にならなかったの?

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 07:50:03.22 ID:TjeCgX7R.ne
>直達日射の最も強い波長域の吸収を避けるような性質を持ち、
嫌だったら、真っ白になる筈だよ

33: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 10:59:24.45 ID:+C07QX2q.ne
>>5
光合成はする必要があるからそれはない

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 08:05:09.01 ID:LLdcQAWy.ne
植物は強い波長域は不要だが、光自体は光合成に必要。
人間はほとんど不要(頭を露出する程度で充分、ビタミンDの合成には必要)

9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 08:12:08.00 ID:hkrWow7c.ne
植物が酸素を余分に排出するのは、他の生物を排他する為だと考えた事がある

13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 08:22:24.90 ID:0IhzPdiB.ne
赤外線を盛大に反射するのも似た理由かな

28: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 10:03:31.33 ID:dEZ2LqgP.ne
>>13
あるカメレオンなんか暖を取るために赤外線を吸収する皮膚になっている

26: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 09:51:47.26 ID:vReIEVz8.ne
赤と青だっけ?光合成に適した波長あったでしょ、たしか。

76: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 22:31:22.23 ID:ggMonZ1u.ne
>>26
そういうことだね。
光合成と言っても太陽光の全ての波長が有用というわけじゃないので
不要な波長は吸収しないようになってるという話。

27: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 10:00:47.97 ID:XhTGcY9g.ne
地表に到達する光で一番量が多くて強くてやばい緑を回避してるってことだな
その域以外の光は対処できるって植物だけが残ってるんだろう

29: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 10:22:49.77 ID:4DWTEqnx.ne

植物の光合成の能力は曇り以上であれば変わらない。
つまり曇の天気であれば光合成は普通にできるのです。

直射日光の利点は、土の温度を上げるために有効なだけ

34: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 11:00:03.31 ID:ZU+QXNSa.ne
つまり赤い海藻は緑の光も使ってるってこと?

37: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 11:15:11.66 ID:nZ8Ctvzi.ne

クロロフィルが緑色イラネってなったから緑だけ反射してるんじゃないの?

>>34
フィコエリスリンの赤色。ご指摘のとおり緑色光を吸収してる

36: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 11:03:41.62 ID:kLaaqk4s.ne

緑になるというより
緑が他を駆逐したんだろうな
一番具合がいい色(反射波長)が緑だったのだろう

秋に赤や黄色になるのは、昔の色の名残かもしれんなぁ

39: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 11:18:41.52 ID:nZ8Ctvzi.ne
>>36
クロロフィルたそが消えるからやで
代謝も光量も下がる冬には光合成色素要らないからな
むしろ呼吸してエネルギー使うだけの負債だし

40: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 11:25:10.08 ID:Eshv/e+/.ne
太陽光は緑の波長の成分が他の波長より強いと言うことなのかな

50: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 12:42:42.36 ID:HOZxP/Le.ne
>青色と黄色の光を混ぜると「緑色」になる
ここは突っ込ませてくれ
決して青色と黄色の光を混ぜても「緑色」にはならない
他の動物は分からないが、人間の場合は、青色と黄色の波長の多少で緑として脳細胞が認識しているだけ
けっして緑色の波長になるのではない
だから、植物は青色と黄色の波長で緑色を認識してはいない
ただ、単に、青色と黄色の波長が現在のミトコンドリアでは効果的に光合成ができないだけ

54: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 13:19:13.15 ID:W58yhAg2.ne
海藻サラダに入ってる赤いのはワカメちゃん達とかけ離れた宇宙生物だって博物館で見た

56: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 14:59:32.75 ID:7Av/1OoP.ne
記事中にも示唆されているような気がするが
元々は海中の弱い光で光合成を行うように誕生進化したものが
陸上の強い直射日光の元でも生きていけるように進化してきたと
いうことなんだろうか

57: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 15:25:34.00 ID:vReIEVz8.ne

>>56
直達日射を獲得できるのは一部の勝利した植物だけなんだよね。
だから直達日射に最適化するよりは散乱日射に最適化した方が種全体としては繁殖出来るって話じゃないかなぁとか適当な予想を立ててみる。

巨大な樹木も、苗木の頃は背の高い草より低いしね。

73: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 20:48:39.87 ID:JznHOXLj.ne
そもそも夏場の強い直射日光を当てると葉っぱが焼けて植物枯れるし
植物育てた事あればわかるだろ

75: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/01(金) 21:09:32.09 ID:RzsBUQmg.ne

じゃあ緑の光をもっともっと利用できるような人工光合成も可能ってことか?

それが出来たらエネルギー問題を軽減するのに役立つな

78: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/02(土) 00:06:29.12 ID:GiOG+A+M.ne

正確にいうと、緑系も使っていますね。

葉の表面では青や赤域はほぼ9割以上が吸収されるのは確かですけど、
そこから裏面の間、葉の中で光はけっこう乱反射します。
何回も反射している間に、あまり吸収のよくない緑域も使われて
結局、葉に届いた緑色域の7-8割は吸収されているという実験結果もあります。

緑色をしているのは分かっていますが、
なぜ緑色なのか、というのは、まだ諸説色々ある感じですね。

青と赤域を、よく吸収し使うのは事実ですが
緑域を排除したのか、青と赤域を選択的に選んだのか
…などと考えると、葉っぱ一枚もかなり楽しく見えます。

  

flower

確かに日陰を好む植物はありますが、

ほとんどの植物が強い光が苦手で、緑色の光を反射していたとは、驚きです。 

葉っぱも懸命なんですね。

                  

スポンサーリンク

さらにおすすめ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)