不安を感じることで脳は発達する?

人気記事

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/19(土) 17:36:49.62 ID:CAP

「不安」の脳内物質を特定 生物進化に関係も (京都新聞) – Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00000018-kyt-sctch
【プレスリリース】大脳皮質形態の脳の機能への役割を示す – 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/43941

大脳皮質の層構造を作り出すタンパク質「Reeli(リーリィン)n-Da(ダブ)b1」(Dab1)が統合失調症などの精神疾患や不安情動に関係していることを
滋賀医科大の勝山裕教授(神経解剖学)らが突き止めた。
このタンパク質の研究が進むと、精神疾患発症の解明や治療法の確立に役立つとしている。英科学誌に発表した。
実験では、正常なマウスと大脳皮質のDab1が欠損したマウスを用意し、音を鳴らした後に電気が流れる実験箱に入れた。正常なマウスは、箱に入ると体を緊張させるようになった。
一方、Dab1が欠損したマウスは箱に入っても体は緊張しなかった。統合失調症や自閉症などの症状にもみられる、文脈依存的な記憶の機能低下が起きたことを示した。
また、マウスは高い場所を嫌がる傾向があるが、高所を橋で渡る行動実験で、Dab1を欠損したマウスは高所を怖がることなく行き来した。Dab1の欠如が不安を低下させていると分かった。
勝山教授は「不安を感じることで大脳皮質が発達した可能性があり、動物の進化に関係するかもしれない。生物学的にも興味深い結果を得られた」と話した。
今後、Dab1の分子機構の解明を目指す。

引用元: ・【神経科学】「不安」の脳内物質を特定 生物進化に関係も

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/19(土) 17:47:38.52 ID:prT9NaHG.ne

男は不満から 女は不安から行動する

ほんまやで

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/19(土) 18:01:00.00 ID:XEH8G9fK.ne
そら不安が無かったら
猛毒を持つ生物とか
植物が虫を食うとかいう進化なんてしない

21: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/20(日) 20:02:11.53 ID:Wuf0OvVL.ne
>>6
「不安」等の自我意思が、生物の進化を変化・促進させてる可能性があると?

9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/19(土) 18:23:44.20 ID:XQIVJjnM.ne
まず想いが先にありきだよ
脳梗塞で機能が失われても意志によって必要な機能を脳は作り出す
必要な物質も体内で作り出す
不安もそれに伴う化学反応も自分がつくりだしている
不安に振り回される自分になりたいなら、そうすればいい
どうしたいか自分が決めたらいい
flower

不安を感じる脳内物質なんて必要ない!!
って思いたくなる時があります。
そうすれば気楽にすごせるのにと・・・・それは違うか・・・・  

スポンサーリンク

さらにおすすめ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)